<< 男装女子 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

劇場版『魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』

昨夜、AbemaTVで劇場版まどマギ『叛逆の物語』を観ました。

私は今回この映画を初めて観ました。「地元の映画館でやってなかった」っていうのはもちろんあります。『けいおん!』の劇場版も観に行かなかったのだから、まどマギを観てないのは当然と言えば当然。好きなアニメの劇場版は東京へ行ってでも観た、なんてのは大学生の時の話。レンタルという手もありますけど、そう言えばここ5年くらいレンタルショップに行ってない(観る暇がないので)。

そもそも私にとってのまどマギのピークはTVシリーズ10話でしたから。最終回が特に気に入らなかったという事もないので、『コードギアス叛逆のルルーシュ』みたいに一気に冷めたという事もなかったですが、一方で特に気に入った結末でもなかったので、緩やかに熱量は下降を辿って、2年後の劇場版公開時には結構冷めてた、って感じですかね。

 

今回視聴した理由は、タイミングとしか言いようがない。

丁度、NHKで『アニメ100』っていうのをやっていて。日本のアニメ100周年という事で、視聴者投票でベスト100を選ぶという企画ですね。因みにウテナは30位。その話もブログで記事にしようかどうしようかとは思っていたのですが。

それはそれとして、まどマギが結構上位に入っていて、自分の中では既に過去の存在になっていただけに、逆に当時の感覚みたいなのが甦ってしまって、ふいにね。ほむら大好きだったよなとか。で、まどマギ劇場版に関する番組ゲストのコメント聞いたら、なんか『叛逆の物語』観なくちゃいけない気になってしまって。丁度、AbemaTVでまどマギやるっていうCMをTVでやっていたなと。ほんと、絶妙のタイミング。

 

という訳で、感想いきます。ネタバレ有です。

 

まずは、やっぱりどうしても「ウテナっぽい」とは思ってしまいます。ヴィジュアル面で。もちろん全面的に褒め言葉です。ここまで美意識にこだわった作品ていうのはそうそうないですからね。

 

ウテナっぽいかどうかはおいとくとしても、作品のクオリティだけでも観る価値のある作品です。矢張り劇団イヌカレーが素晴らしい。商業アニメとこういうアートアニメが融合して成功するなんて殆ど奇跡ですよ。映画史に残ると言って過言でないと思う。新境地を切り開いたと言っていい。後に続くのが出てきて欲しいけど。ウテナの時も同じ事思っててでも結局続きませんでしたけどね。まあ、その延長線上にこのまどマギがあると言ってもいいけど。

 

最近はもう、シャフトと新房監督の演出に辟易していて、3月のライオンも観るのやめたし、物語シリーズも観なくなってしまいました。それでも、この『叛逆の物語』に限ってはそういうのがなかった。何が違うかといえば、やっぱりイヌカレーかなと。演出的には意外と抑制が効いてると思うんです、他のシャフト作品と比べると。ほかのはもっとけれんみがある。最初こそそういうのが好ましく思っていたけど、いっつもいっつもワンパターンでそれやられると食傷になります。うんざりします。でも、まどマギの場合はイヌカレーという別のスパイスで味付けしてあって、これがまた強烈なやつなので、いけるんでしょうね。十作くらい続けてイヌカレーやられたらうんざりするもかもしれないけど。

まあ、そんな感じで、観ている間は「映画館で観たかったな」という後悔の念も多少湧きました。まあ、ああいう結末なので、映画館を出る頃はクオリティの話なんか吹き飛んで、複雑な気持ちになっていたことでしょうけど。

 

 

その、ストーリーですが。

前半はほんと「ビューティフル・ドリーマーだな」と思って観てました。別に、パクリだとかそういう批判するつもりはまったくありません。ただ、純粋に正直な感想として。押井ファンがこれ観てそう思わないとしたらモグリですよ。ただ、それを出発点としても、どこへ着地するかが問題な訳で。つまり結果的にはこれはビューティフル・ドリーマーではない。・・・のだけれど、「自分にとって都合のいい夢をずっと見ていたいだけの話」という点ではやっぱりビューティフル・ドリーマーかな。でもその夢の中身が全然違うから全然違う物語になるし、言ってみればこの世の作品の多くはそういう「都合のいい見たい夢」を具現化したものだと言っても過言ではないので、それはもう『物語』と銘打つものの普遍的な部分だとも言える。そういう意味で「これはビューティフル・ドリーマーの焼き直しだ」なんて言うのはナンセンスだと思う。

 

それはともかく、暁美ほむらが転校してきた時点では「あれ?これって何周目かな?」なんてまだ思っていたけど、「ここって夢の中の世界なんだろうな」と思い至るまでに時間はかかりませんでした。それも、恐らくは、ほむらの夢だろうと。だって、こんな世界を誰よりも望んでいるのはほむらの筈だから。

なので、ほむらが「自分達をこの世界に閉じ込めた犯人探し」を始めたときは何とも皮肉だなと思いました。

「今が幸せならそれでいいじゃん? わざわざツライ現実に戻らなくても…」というのがその時の私の偽らざる気持ち。結果的にそれが物語の結末で自分にブーメランとして返ってくるのですが。

ほむらが好きな私が一番望んでいるのは他ならぬ『ほむらの幸せ』なんです。「私が好きなのは過酷な運命と闘っているほむらなので、あんなぬるま湯めがほむは好きじゃない」っていうのもあるんですけど、それでもなお、TVシリーズであんなに頑張ったご褒美としてこれくらいいいんじゃないかと思わずにいられない。

 

ただ、この世界がどうも、ほむらが魔女化した結果だという話になって、私の心境は複雑に。ほむらが魔女化というのがどうも受け入れ難いし。なんでよりにもよって、と。

その上、QBが結局黒幕で。こいつの掌の上で弄ばされるのはほんと気に入らないので、もうこんな夢の世界、革命しちゃうしかない。

正直、QBが黒幕だとは全然思ってませんでした。意味ありげなQBの目のアップもブラフだろうと思っていて。そもそもTVシリーズのラストのまどかによる世界の改変で、QBの存在自体が別の意味というか役割に置き換えられたと思っていたので。「もうこいつ、そんなに害はないだろう」と。

 

まあでも、まどかを守る為にQBと対峙するほむらはほんとカッコよくて、もう泣きそうになりながらこの辺りは観ていたんですけど。

そして、アルティメットまどかがほむらを迎えに来る。胸が熱くなりますよ・・・・・・・?

 

「でもまてよ」と。なんか違和感。並の作品ならこれで大団円です。でもこれはまどマギです。そんなウマイ話で終わる訳ない、そんな予定調和で終わる訳がない。

 

「・・・・・・ですよねー」って感じで、それでもなお予想もつかない方へ持っていってくれました。

これ以降は「え?本当にそれで良かったの?」ってずっとほむらに問いかけながら観る事になります。

ほむらのこの「心変わり」が、「まどかの本心を聞いて」の事だという理屈はまあわかるんだけど、そもそも誰も好き好んで自分を犠牲になんてしないですよ。そうせざるを得ない状況がそれを決断させているだけ。ほむらはそれが解ってなかったのか?というのが腑に落ちないですね。

それでもまあ、ほむら自身は「アルティメットまどか」よりも普通の「鹿目まどか」の方を望んでいるというのは理解できるし、最後の最後で自分のエゴをとった、というならそれはわかります。

 

でも、結局なんだったの?とも思ってしまう。

ほむらにとっては都合のいい筈の夢の世界を「まどかの為」に一度は否定しながら、結局自ら望んでそんな世界を再構築する。

「ほんとにそれでいいの?」ってどうしても思ってしまうんですが、ここで私の投げたブーメランが返ってくる。「今が幸せならそれでいいじゃん」って。

少なくとも、さやかと杏子のファンとかはこっちの世界の方がいいだろうね。ある意味、これはファンの望んだはずの世界なので、ハッピーエンドと言えばハッピーエンドなのかもしれない。

 

なのに、ほむらがちっとも幸せそうじゃないから、私はつらい。

自分で望んで選択して、結果も望んだ通りになった。それでも辛い思いをしなくてはならない、っていう事は人生においてはよくある事ですけどね。そんな人生論的なやつなの?

ヤンデレ化した、と言ってしまえばそれまでだけど。でも、私はヤンデレってあんまり好きじゃないんですけど、それって結局、傍から見てると全然幸せそうに見えないから、なんですよね。愛を手に入れてもね。

多分、ほむらはまどかを裏切った罪悪感があって、この世界でのまどかとのスクールライフを満喫できないんじゃないかと思う。それがあの、ほむらがちっとも幸せそうな表情をしていない理由だと思ってる。少なくとも私はこんな状況は望んでなかった。

 

ほむらはまどかの事が本当に大切で、だから鳥籠の中に入れて大事にする事にした、っていうのがこの世界だと思う。

でもそれはまどかの自由を奪う事だというのは理解していて。常に罪悪感に苛まれないといけない。

そして、いつかはまどかが自ら籠の外へと羽ばたくだろうという事も予感している。ウテナ風に言えばまさに、世界の革命。そう考えると不本意だけど、このほむらは暁生って事になるんだよね。

まどかがこの世界の真実に気づいた時、立ちはだからなければならない。

せつない。

ほんとせつないよね、えげつないわ制作者。

ウテナと重ねて観ていたこの作品だけど、ウテナが「外の世界へ」という物語だったのに対し、まどマギが逆のベクトルへ向かって収束したのは、なんというか、なんなんでしょうね?

 

しかし、改めて、ほむらのやってる事って結局ひとりよがりだなっていう思いが強まりました。

以前TVシリーズの感想を書いていたのでそれを読み返してみたら、その事にも言及してましたね。

今回、終盤でほむらが自分のエゴをとった、みたいな話にはなってますが、ある意味ほむらはずっとエゴイストだったとも思います。「まどかの為」っていうけど、「大切な人を守りたい」っていうのも究極的にはエゴだと思います。

 

まあ、とにかくもやもやは大分残りましたが、それで批判したいという事ではないです。自分の望んだ結末ではないからと叩くような子供でもないし。

カタルシスはなかったですが、そういうのを安易に求めるのもどうかとは思います。『君の名は。』みたいにすべてが都合良く上手くいって観客の望むものを全部見せてくれるような作品がいいとは思ってません。あれ、真に名作と呼ばれる映画なら、最後に再会はしなかっただろうと思います。その方が余韻が残るから。なんで急に君の名はが出てきたかといえばわりと最近観たからってだけの話なんですけど、あれはほんと映画館出た後びっくりするくらい何も残ってなかったです。

この『叛逆の物語』は少なくとももやもやは残ったし、多分十年経ってもみんなの記憶に残ってると思います。まあ、どっちも極端といえば極端なんだよな。君の名はは甘すぎるし、こっちは苦いというか、毒気が強い。TVシリーズ同様、ほんと悪趣味な話だなとは思いましたよ。でも結局また、暁美ほむらの事を考えてせつなくなって、まあ制作サイドの思う壺って事なんでしょうね。

 

でも結局のところ、「TVシリーズはラストでまどかが神になったので、劇場版ではほむらが悪魔になるしかない」みたいな発想だったのかも、とも思ってます。スケール的にそれくらいやらないとTVシリーズより薄味になっちゃう、みたいな感じで。

いやそもそも、神になったまどかに対してほむらが対等の立場になるとしたら、同じ神か、もしくは悪魔になるしかない。究極的には、ほむらは本当に想いを遂げたって事なんでしょうね。マクロレベルでは神のまどかと並び立つ対の存在になれたし、ミクロレベルでは神ではない普通のまどかとその日常を手に入れたのだから。

 

 

 

posted by: イチヰ | アニメ | 20:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:09 | - | - | - |
コメント
 
2017/07/28 8:47 PM
Posted by: LOSY
ご無沙汰しております。約3年半ぶりです。どこから話せばいいのかわかりませんが、記事に対してできるだけ意見します。

私はリアルタイムで劇場で見ました。緩急がついてて、且つおもちゃ箱をひっくり返してそのまんま…なようでいて実は何らかの意味を持たせて、数々のメッセージを凝縮させて伝えるかの様に計算されつくしたイメージが流れ込む様な感じが勢いがあって、飲み込まれました。あれで1ヶ月も立たずに自分の答えを見つけていた考察した皆様方もすごい。1990年代のヴィジュアル系のオペラロックの雰囲気のあるBGMが昇天しそうです。

「君の名は」もリアルタイムで見ました。確かに昔の画風を引きずっていて、色々何もかも上手く行きすぎ…な甘さは否めませんが、一昔前の夏休み映画とはわずかながら進歩している様に感じました。まず、疾走感がある。それ故にやりとりも子気味良く、「生き方は○○であるべき」等の様な押しつけがましい説教臭さもない。だからこそ「淡い忘れられない思い」の大きなテーマに集中できました。ただそれ故に個人的にもう少しねっとり映して欲しい部分があった(衣装の質感・色彩演出・タッチで新しい表現を夏休み映画に対して、積極的に取り入れようという気概を感じただけに尚更)・エピソードが未消化気味のキャラもいますがそれはもう一発勝負の映画、監督の今後の課題ですね。何よりELPの即興プログレバンドの様なテクニカルなメロディーを基調にしたBGMが各パート別のメロディーが割り振られながらも、情緒に溢れている。昔のコメントでも書いていましたが、やはり私は1990年代のオリコンを狙いそうな曲達が全面的に作品に寄り添っているのに弱いです(苦笑)。イチヰ様が示した両作は+して縦横無尽に楽器が別々にうねっているのが更に好感触。

何もかも上手くいくのが何だか不自然で「何も残らなかった」というイチヰ様が仰ったのも、やはり新海監督が「余計な説教はしたくない、ひたすらサービスするエンタテイメントを作りたい」という精神を作品に込めていたからこそのことだと思います。やっぱり、ウテナTV第9話の影絵少女の様に「そんな都合のいい展開なんてないの最初からわかっている。それでも自分に都合のいい展開を追い求めずにはいられない」というテーマと近いものを感じました。だからフィクションとわかっていても表現し切った皆様のおかげで真に迫っている様に感じました。

もう2016年って何だったんでしょう?夏からいろんな映像作品のメガヒット特集が毎日の様にワイドショーで組まれ、まるで1990年代の「お祭り騒ぎ」な感じが戻ってきたかの様でした。それがみんな共通点があって「リアルな表現を中心にお客様に寄り添おう」「作品にストイックに取り組んで、ファンを喜ばせよう」という誠心誠意さが本当に嬉しかったのです。

「叛逆の物語」の様な湿った部分に入り込んで描き切った作品がヒットできたのは(あくまで個人的な感想ですが)普段新房監督が普段は「誠心誠意、奇想天外な世界観で楽しませよう」という思いを胸に一歩引いたポジションで数々の作品をまとめ上げて、その実績を積んで、信用を作り、ノウハウを積んで「こう思うんだけど、ふと立ち止まって考えてごらん?」という思いで念を込めて作り上げたのかな…と遠い思いを馳せています。「叛逆の物語」のレベルまで突き抜けて欲しい、というのは流石に度が過ぎますが、キャラの動き以外の表現と音響の厚さ・差し引きが世界観の構築にどんなに関与していくのか、作り手ではない私には生意気ながら「更に考えて欲しい、調べて欲しい」としか言えないです。

それでは、まとまっていないかもしれませんが、これにて失礼します。
2017/07/29 8:04 PM
Posted by: イチヰ
LOSYさん、お久し振りです。コメントありがとうございます。

>90年代のヴィジュアル系のオペラロック

これって具体的にどこら辺の事ですかね? 90年代のヴィジュアル系バンドブームは私にとっても青春時代そのものなので、とても興味深いです。MALICE MIZERとか大好きなんだけど、でもその延長線上に梶浦さんを位置づけるという発想はなかったです。

一方で、RADWIMPSは何が良いのか全然わかりませんねー。90年代のオリコンを狙いそうな曲達、と仰っていますが、私は当時こそ所謂J-POPのヒットチャートは一応押さえてはいましたが、それって結局中高生の頃にありがちな「友達との話題についていけないから」という側面もあったりして。その反動もあってか、私個人の音楽的アイデンティティが確立してからは、ヒットチャートなるものに対して物凄く冷めた視線を送るようになりまして。「所詮、売れる売れないはプロモ次第だな」と“気付いてしまった”っていうのもあって。それでもバンプなんかは、改めて聴くと確かに魅力は感じられて、まあ人気出たのもわかるんですけど、ラッドはそれでもわからないです。いずれにしても、私としては今更J-POPとか、ないんですけどね。

さて、『君の名は。』ですけど、あくまで『叛逆の物語』のモヤモヤが残る終わり方に対して、対照的な作品としてちょっと名前を出しちゃった、程度の話だったんですけど。でも、私の勘違いでなければ、LOSYさんはまどマギよりそっちに食いついてる感があるので笑、もう少し話をしておきましょうか。
私はご都合主義が悪いとは思ってません。まあ、言葉のあやみたいな面もあるのですが。そもそもフィクションに対して「そんなに上手くいくわけないよね」みたいなツッコミは無粋だと思いますよ。
『君の名は。』面白かったですよ。少なくとも観ている間は惹き込まれて観ていた筈でした。
私は説教臭い作品は嫌いですね。そもそも、メッセージとかも必要と思ってないし。じゃあ、私の大好きなウテナはどうだったかと言えば、やっぱりそういう押し付けがましいのはなかった筈。それでも私はウテナを通して人生について考えてしまう訳ですよ。で、『君の名は。』を観て果たして人生を考えるだろうか・・・。と言っても別に、そこが特別重要かといえばそうも思わないし。
三葉は父親との確執を抱えていたけど、結局そこはなんとなく有耶無耶で終わった。そこを批判的に言う人もいるけど、私に言わせればそんな古臭いテーマは今更別に観たくもないわけで、ああいう面倒事はさらっと流してしまう部分、実は好意的にさえ思ってました。
そして、映画館を後にして、何の余韻もない事に驚く訳です。
当然どうしてそうなったのかを考えました。で、「観たいものだけを観た結果がこれなのか?」という可能性に思い当ってしまったと。

あと、私は『とらドラ!』以来田中将賀さん好きですけど、その一方ジブリ的な絵はどうも好きではなくて、『君の名は。』のあの両者を足して二で割った的な絵は、どうも微妙でした。


最後に、私の理解力がたりないのか、

>「叛逆の物語」のレベルまで突き抜けて欲しい
>「更に考えて欲しい、調べて欲しい」

これが、何に対して、誰に対して仰っているのかがわからなくて、何の話かちょっとわからなかったです。









トラックバック
 
http://ichiyi.jugem.jp/trackback/285